トップページ

東金シニアアンサンブルの誕生! 

近年、「退職後の趣味」や「老後の生き甲斐」、また「新たな仲間づくり」として日本各地でシニアによる合奏組織が結成され演奏活動が盛んに行われています。 このような中、市原シニアアンサンブル(市原SE)のメンバーが中心となって2014年4月に東金シニアアンサンブル(東金SE)が結成されました。東金SEは、「我孫子SE」「千葉SE」「船橋SE」「市川SE」「市原SE」「四街道SE」「習志野SE」「成田SE」に次ぐ千葉県連盟加盟の9番目に発足したシニアアンサンブル(SE)で、外房地区では最初に結成されたSEです。


子どもが独立して何か楽器を演奏してみたい、以前に少し楽器を習ったことがある、音楽を通じて生き甲斐を見つけたい、本格的な楽団にはなかなか入れないなど様々な方がSEに加入されています。東金SEでは、歌謡曲や映画音楽の他、クラシック
など様々なジャンルの楽曲を楽器の編成に合わせて編曲(アレンジ)して演奏して
います。この編曲には、長年、ヤマハ音楽振興会で活躍された大野悦男先生に携わっていただき、また、指揮や指導もお願いしています。

 

これまで老人ホームなどで演奏活動を行ってきましたが、これからも色々な楽曲にチャレンジしながら、広く演奏活動を実施していきたいと考えています。

 

メンバー募集

 東金SEでは、随時メンバーを募集しています。

 50歳以上で、楽器持参であればどなたでも参加出来ます。経験などは問いません。

 練習は毎月第1、2、3水曜日に行っていますので、是非、見学にお越し下さい。。

 詳細はInformationの電話で、あるいは「お問い合わせ」コーナーからメールでお問い合わせ下さい。

 

 音楽を通じて生き甲斐を見つけ、私たちと充実した時間を過ごしませんか。

 

新着情報

  • 2019年 11月 4日    大和地区ふれあい広場「芸能発表会」演奏 
  • 2019年 8月 3日    東金ボランティアセンター夏祭り演奏 
  • 2019年 3月20日     東金市極楽寺「福福の里」訪問演奏